自律神経失調症・更年期障害

自律神経失調症

自律神経は、交感神経と副交感神経とがあります。

交感神経は体や脳を働かす神経で緊張状態を作り出します。

副交感神経は体や脳を休息させリラックス状態をつくりだします。

自律神経は脈拍や血圧、発汗、消化運動、自分の意志では動かせない内臓の筋肉を動かしたり、体温の調節をしますが、上記の2つの神経のバランスが取れていないと交感神経優位の状態や副交感神経優位の状態となり、様々な症状がでてきます。自律神経失調症の方は交感神経優位の状態の方が多く、夜に寝ても疲れが抜けないなどの状態となります。過度なストレス、生活リズムの乱れ、環境の変化、女性ホルモンの影響などが原因となることが多いようです。

更年期障害

閉経に伴い卵巣の働きが弱り女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急速に落ちることで原因となります。

分泌量の落ちた卵巣に脳が女性ホルモンを出すよう信号を出しますがその信号が周囲の脳に悪影響を及ぼし様々な症状がおこります。

 

症状には様々なものがあり、時には命に係わるケースもありますので、自己判断はせず、まずは病院の診察を受け、処方されるお薬以外にも手を打ちたいという方のご来院をお待ちしております。

 

 

症状

頭痛

肩こり

疲労感

めまい

不眠

のぼせ・ほてり・発汗

腰痛

腹痛

イライラ

動悸・息切れ

不安感

その他様々な症状

トップページに戻る

つくばカイロプラクティック整体院の案内

住所つくば市高見原1-7-83
電話番号029-874-8406

お気軽にお問合せください。